キャッシュバッカー

キャッシュバッカーはサクラとは違う!?

出会い系サイトには優良なものと悪質なものがあります。
悪質なものになりますと、会員からメールを送らせて課金させるため、サクラを雇って大量のメールを会員に送ります。
相手がサクラだと知らない会員は、出会えるものだと信じて課金を覚悟で返信をします。
これを繰り返すことで、出会い系の運営会社が儲けるという悪質な手口です。

その一方で、優良なものになりますと、サクラを雇って会員にメールを送らせて荒稼ぎするということはしません
会員はサクラではなく一般人です。ですから、健全なやりとりが出来るという訳です。その中で登場するのがキャッシュバッカーと呼ばれる人たちです。
商品にはキャッシュバックというシステムがあります。商品を購入しますと、一定の金額が戻ってくるシステムのことです。
この、一定の金額が戻ってくるキャッシュバックのシステムが、優良な出会い系サイトには用意されています。サイトを利用しますと、メールで相手の人とやりとりをすることになりますが、そのやりとりをする度にキャッシュバックされるのです。
キャッシュバックされることで、メールを送った人には一定額の料金が戻ってくるシステムになっています。このキャッシュバックシステムを用いて、出会い系サイトで相手とメールのやりとりをする人のことをキャッシュバッカーと呼びます。

 

以前は、携帯電話でパケット通信の使い放題というプランがありませんでした。ですから、パケット通信を必要とする出会い系サイトでのメールのやりとりは、会費無料の女性であっても大きな負担となっていたのです。
パケット通信料が高額な故に、女性の利用者が減ってしまいますと、サイトとして成立しなくなってしまいます。そのような負担を女性にかけないために誕生したのがキャッシュバックシステムです。
相手とメールする度にキャッシュバックされることで、パケット料金の分を補っていたのです。ですから、以前まではキャッシュバックの料金が高く設定されていました。

 

しかし、キャッシュバックの料金が高く設定されたことによって、それを利用してやたらとメールを送り続けて荒稼ぎをする悪質なキャッシュバッカーが出てきたのです。
それ以来、そのような悪質なキャッシュバッカーを排除するため、キャッシュバックの料金が少額に抑えられるようになりました。
それに、現在では携帯電話もパケット通信の使い放題プランがありますので、そこまでキャッシュバック料金を高く設定しなくても、女性が利用してくれるようになったのです。
これがキャッシュバッカーの主な概要です。